月別アーカイブ: 2018年8月

賠償の交渉


弁護士先ほど弁護士に依頼すると書類を自分で集める必要がないというメリットをご紹介しましたが、正直これは行政書士に依頼してもできることです。それなら費用の安い行政書士に依頼したほうがいいのではないか、と思った方もおられると思いますが、それは早計というものです。後遺障害を申請したあとの賠償交渉は行政書士が行うことはできませんし、書類を集めることはできても交渉は自分でしなくてはなりません。弁護士なら交渉の権限もありますから、書類を集めてもらってその上賠償の交渉まですべて任せることができるのです。

もちろん、書類の収集だけを行政書士に依頼して弁護士に賠償交渉をお願いするという手もありますが、そのような手間をかける必要はないと思います。最初から弁護士に依頼しておけば書類の収集から賠償交渉まで一貫して行ってもらえますから、そのほうが時間の短縮にもなるでしょう。しかも、賠償金の交渉を弁護士に依頼することで大幅な増額も期待できますからこれも大きなメリットです。もちろん、交通事故問題や後遺障害に強い弁護士に依頼するという大前提はありますが、それさえ抜かりなくクリアできればきちんと等級取得できて賠償金もアップさせられるでしょう。

書類を集める手間


書類交通事故が原因による後遺障害を負ってしまったときには等級取得をすることでより高い慰謝料を支払ってもらえます。ただ、等級取得のためには申請をしなくてはなりませんし、そのためにさまざまな書類を集める必要もあります

いろいろな必要書類を集めなくてはなりませんし、これだけでも相当な手間がかかってしまうでしょう。そもそもどのような書類が必要なのかを把握しなくてはなりませんし、そこから書類を集め始めるとなると時間も相当かかってしまうでしょう。書類収集の負担は意外と大きいのです

では、弁護士に依頼するとどうなるのかということですが、この書類を集めるというプロセスが不要になります。もちろん、書類そのものが不要になるというわけではなく、あくまで自分で集める必要がなくなるということです。自分でたくさんの書類を集める必要がなくなりますから時間的な余裕もできますし、治療に専念することもできるでしょう。先ほどもお話したように必要な書類を集めるだけでも一苦労ですが、弁護士に依頼することによってこうしたことを弁護士が代行してくれます。負担は大幅に軽減されますから、これはかなり大きなメリットと言って差し支えないでしょう。

関連サイトhttps://www.ko2jiko.com/pickup-koui/
└後遺障害等級認定について説明している「アディーレ法律事務所」のサイトです。

弁護士に依頼するメリット


交通事故後遺障害とは治療を続けても改善の見込みがない後遺症のことを指します。さまざまな原因によって後遺障害は起こりますが、交通事故が原因で後遺障害を負ってしまうことも多々あります。高次機能障害や上肢機能障害といった代表的な身体の後遺障害のほか、精神的な障害も存在します。こうした障害を負ってしまうとこれまでと同じような生活が難しくなってしまいますし、周囲のサポートなどもより一層必要となるでしょう。

交通事故の後遺障害を負ってしまったときは弁護士に相談するのがおススメと言われていますが、その理由について詳しくご存知という方は意外に少ないのではないでしょうか。後遺障害が残ると等級取得することによって通常よりも高い慰謝料を獲得できます。そのため、後遺障害が残ったときには等級取得に向けて行動を起こすことになりますが、この時に弁護士の力が必要になります。もちろん、後遺障害の等級取得は自分でもできますが、弁護士に依頼したほうがはるかにメリットは多いです。

後遺障害の等級を取得するには申請を行う必要がありますが、先ほどもお話したように申請の段階から弁護士に依頼することをおススメします。ただ、どうして弁護士に依頼したほうが良いのか分からないままというのもスッキリしないでしょうから、ここでは交通事故の後遺障害を弁護士に相談、依頼するメリットについて詳しくお話したいと思います。少しでも気にかかった方はぜひ最後まで読んでくださいね。